本当にありがとう、銀魂!!

銀魂が遂に完結しましたね。完結しちゃいましたねって感じです。

二十歳前後から読み始めて、いっぱい泣かされたり笑わされたり、、

アマゾンのレビューだったか忘れましたが、「銀魂は人生だった」という感想がありました。

僕もそんな感じです。

辛い時も、銀魂のギャグ回を読めば、笑うことが出来ました。

落ち込んでいる時も、シリアス回を読んで励まされていました。

僕は、アニメや漫画に影響を受けることが多いのですが、銀魂はその中でもトップクラスに影響を与えてくれた作品でした。

正直興味が薄れてた時期もあったりしたのですが、完結巻の表紙を見た時は泣きそうになりましたね。笑

ゆっくりゆっくり味わいながら読み進めて、その最中も泣いたり笑ったりしてました。

終わる終わる詐欺とか言われてたみたいで笑、実際ジャンプを卒業してから一年近く経ってからの完結だったようですが、

それだけ空知先生は自分が心底納得いくラストに、読者が喜んでくれるような最後にしたかったんだと思います。

色んな意味で規格外の作品でしたが、最終話に至るまでの経緯も規格外ですよね笑

実際現場の方々は本当に大変だったと思いますが、、、僕はそういう全部が好きです。

自分の中で、銀魂以上に影響を与える漫画は今後現れないんじゃないかと思います。

とか言いつつも、空知先生の次回作に滅茶苦茶期待してしまうんですけども。

坂田銀時の物語がもう読めないと思うと、だいぶさみしいですが、

今まで支えてもらった分、僕もこれから頑張らねばなと思いました。

空知先生、15年間本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました