結婚できない男

結婚相談所を利用するには、こんな人がオススメ理由四つ

結婚相談所とは、名前の通りに結婚をしたいと考えている男性、女性がパートナーを探す場所になります。

今まで彼氏や彼女はいたけど、結婚までには辿りつけなかった、あまり出会いがない、そろそろ良い年齢だから結婚を早くしたいと焦っている、自分の子どもが欲しいという理由などから結婚相談所に足を運ぶ人がいるかとは思いますが、結婚相談所には、こんな人にオススメという理由についての説明をしていきたいと思います。

【1.結婚を早くしたい】

普通の恋愛だけのお付き合いだと、お付き合いをする期間だけダラダラと長引いて、なかなかお互い結婚をしなかったりする時もありますが、結婚相談所にいくと、みんなそれぞれ結婚をしたいという思いがありますので、早く結婚をしたいと思っている人には結婚相談所をオススメします。

【2.理想のパートナーを探しやすい】

男性、女性が知り合う場所は様々あります。職場だったり、学校だったり、友人の紹介、飲みに行ったりして知り合い交際に発展したりするのですが、その相手が必ず自分と性格が合うとは限りません。

せっかく付き合ったにしても、無理だと思ったりするとすぐに別れてしまったりするケースもあります。その繰り返しをしていると、長くは交際が続かないので、結婚する年齢も遅れてしまったりします。しかし、結婚相談所になると、マッチングシステムというのが、ほとんどあります。マッチングシステムとは、自分自身の情報や相手のパートナーに求める希望する条件を細かく登録することで、より自分とフィーリングの合う人を探すことができるので、理想のパートナーを見つけたいと思う人には結婚相談所をオススメします。

【3.今まで彼氏や彼女ができなかった人にはオススメできる】

早い人では小学生、遅い人でも大学生くらいまでにはみんな、だいたい彼氏や彼女がだんだんと、できはじめます。しかし、あまり異性に友達のいない人や、友達などはいても恋愛に積極的じゃない人などは、わざわざ電話番号を交換して、告白をするなどの行為ができなかったりもします。

普通の生活をしていて恋愛に発展しようと思ったりしても、難しい人だと、結婚相談所はオススメをします。

【4.カウンセラーのアドバイスを受けることができる】

結婚相談所にいくとプロのカウンセラーがいて、婚活の悩みを聞いてくれたり、婚活がうまくいかなかったりしても、励ましてくれたり、解決できるような方法を考えてくれたりします。また、家族や友達にも言えない悩みなども、知らない人だとスムーズに話せたりするので、アドバイスや相談にのって欲しいという方にはオススメします。

【まとめ】

結婚相談所は、みんな結婚をしたいという理由から利用する人がほとんどになります。年齢も年齢で、職場や友人にパートナーがいないか探しても、なかなか出会う人がいない、という人も多いと思います。しかし、結婚相談所では、1人1人に合ったパートナーの条件を検索して探しだしたりもできます。

しかも、なにか悩んだことや、不安なこと、婚活で上手くいかない事などがあとら、プロのカウンセラーの人にも相談ができるようなサービスもあります。早く結婚を望んでいる両親や兄弟に、婚活をしているが上手くはいっていないなどの相談をするのは心苦しい部分もあったりします。しかし、そういった事もカウンセラーだと、どんな事で上手くいかないか、その問題に対してどうしたらいいか、などの解決の方法なども一緒に考えてくれたりもします。

そのため早く結婚したい、理想のパートナーを見つけだしたい、子どもが早く欲しいと思っている人などには結婚相談所を利用して幸せな結婚をしたいと思う人にはオススメです。

結婚できない男

結婚できない男性の特徴

あなたの周りにも結婚できないと悩んでいる人はいませんか?ルックスや性格が悪くないのになぜか彼女がいないという男性が増えている現代。
このような結婚できない男性ってどんな特徴があるのでしょうか?今回は、結婚できない男性の特徴をご紹介します。

結婚できない男性の主な特徴は以下の5つになります。

1つ目が、女性の話に興味を持たない人。

結婚できない男性は女性の話に耳を傾けない特徴があります。今日起こった出来事で楽しかったことや面白かったことを彼に知ってもらいたい、という気持ちを女性は常に抱いています。しかし、男性からすると女性の話す内容は面白みに欠けていると感じてしまい、真剣に話を聞かず相槌も適当になってしまいがち。

適当に接している対応はすぐに女の子には見透かされてしまっているのです。コミュニケーションを大切にする女性の話に興味を持って接することができない人は、結婚できない男性に多く見られます。

 

2つ目が、女性を大切にしていない人。

結婚を意識した時に女性が大事にしていることの1つとして、自分を大切にしてくれている気持ちです。
結婚生活が長引くとどうしても新婚当初のような関係性を維持するのは難しいもの。現実してんの女性たちは、その事実を理解しているからこそ結婚する前から自分のことをどれだけ大切にしてくれていrのか?をチェックしているのです。

そのことに気づかず、時間が経つにつれてプレゼントを渡さなくなったり、記念日のお祝いを忘れるようになってしまうというのは言語道断。女性は大切にされていないと感じる対応をされると途端に気持ちが冷めてしまうこともあるため、結婚できない男性は常に女性を大切にすることを心がけておかなければいけません。

 

3つ目が、嘘をつく人

女性は、嘘をつかれるのが本当に嫌いです。だからこそ女性はいつも男性に正直な気持ちを伝えているのです。
しかし、結婚できない男性は嘘をつくことに罪悪感がありません。彼女のことを思ってついた嘘でも、実は女の子からするとどんな理由であれ嘘は嘘なのです。
そのことに気づいていない男性は、自分達が知らず知らずに良かれと思ってついた嘘が結果として彼女との関係をこじらせている原因の1つであるということを自覚していない特徴があります。どんな理由であれ、彼女のことを思うのであれば嘘はつかない方が賢明だと言えるでしょう。

 

4つ目が、隠し事をする人

女性は男性が思っている以上に鋭い視点を持っています。
ちょっとでもやましいことがあるとすぐさま雰囲気を察知し、男性が気づいていないところで捜査が始まっているのです。やましいことがなくても彼女に報告せず、無断で飲み会に行ってしまったり、昔の友人と楽しく遊んでいる様子がバレてしまうとたちまち女性との関係にも亀裂が生じることも。

報告すればいいだけのことなのに、何も言わずに黙って出かけるということが彼女を知らんしていないことと結びつけてしまうこともあるため、無用な隠し事はせずになんでも話し合える間柄を構築する大切さを認識しておかなければいけません。

 

5つ目、レディーファーストが欠けている人

女性はレディーファーストに振舞われるのが大好き。だからこそ、男性は正しいレディーファーストを理解しておかなければいけないのですが。結婚できない人は、皆レディーファーストを理解していない特徴があります。

扉を開けて先に通すということは基本中の基本であり、階段を登る際は彼女のもしもの転倒に備えて後ろを歩くなど、理由も理解した上で行うレディーファーストでなければいけません。形だけのレディーファーストでは何も相手に伝わっていないのです。

 

《まとめ》女性が大切にしていることが理解できなければ結婚できないようです。

女性は常に自分が一番大切にされていると感じたいもの。独占欲が強い特徴がありますが。結婚できない男性は誰にでも平等に接してしまうところがあります。

自分だけが周りの人と比べて特別な対応をしてもらっていると感じた時には絆を強めることができますが、一方で自分がされている対応をみんなにしている姿を目撃してしまったものなら彼女の怒りは頂点に達することも。

女の子の気持ちを理解できていないというのが総じて結婚できない男性の特徴と言えるので注意してくださいね。

婚活でであった3人のオレオレ男子たち

ここからご記入ください。私が婚活中に出会った結婚できないだろうなと思う男性を3名ご紹介します。
結婚できない男性にはある共通点がありました。

 

1人目は転職の多いサラリーマンAさん

Aさんは転職回数の多いサラリーマンです。私も転職が多かったのでそれには偏見はもっていません。スキルアップの為の転職ならばなおさら。が、しかし…話をきいていると職種も業界も全くちがう世界に飛び込んでいるのです。

20代ならまだしも30代も後半無謀です。30代も後半になれば役職をもってその仕事を極めていく時期ではないでしょうか。結婚を視野に入れているのならばなおさら。しかも転職を決めた理由も軽く、主な理由は「その仕事がおもしろそうだったから」しかもその理由をそれっぽく説明するのです。

「僕はこの世界で成功すると根拠のない自身がある」のです。正直不安です…。この方が旦那になったら気分屋転職につき合わされるのかと思うと恐怖でしかありませんでした。
職業で結婚を決める女性も多いので今の職業で成功されることをお祈りします。

 

2人目は自分の行っていることが絶対正しいBさん

Bさんは今まで女性とお付き合いしたことがなく30歳から婚活をはじめた男性です。太めの体格でユニークな顔立ち。その体格と顔立ちのせいで自分はモテないとお話されていましたが、本当に結婚できない理由はもっと別のところにあるのではないかと感じました。

外見にコンプレックスを抱えながらも美人奥さんを捕まえる男性はたくさんいるし、30代の婚活は外見ではなく内面重視の女性ばかりです。

Bさんには友達が1人しかいません。
その理由に「みんな考えが幼く話していてつまらない」そうです。
Bさんにはまず自分の考えが絶対的に正しいという自信があり「あの人はこうだから自分とは合わない」と、自分と違うと感じるとすぐにシャッターをおろしてしまうので、人との輪がひろがらずいつまでも狭い考えのままなのです。

また、女性についても理解が甘く、例えば生理の前に女性だからと絶対に男性が優しくしなければいけないのはおかしい。とか…自分の気持ちを理解して欲しければ俺にきちんと伝えてくれ。気づいて欲しいみたいな態度をする女性の意味がわからないそうです。言っていることは正義のようですが、女性からしたら悪魔です。

相手に寄り添わないと結婚はできないのでは?伝えても、納得していない様子でしたのでどうぞ思う存分婚活を続けてくださいませ。

 

3人目はなんちゃってミュージシャンCさん

Cさんはギターと歌が得意な31歳。プロのミュージシャンを目指していた風の発言が目立ちますが、だまされずによくよくその話を聞いてみるとユニットとして活動していた期間はたったの2年。路上ライブなどもしていたようですが、活動場所は茨城県の小さな田舎町。ファンもいたようですが、音楽に疎い私にそんな話をされても困ります。そして困り顔にも気がつかずに昔の音源や動画を見せてきます。

CDなんかもだしていたようですが、そもそもジャケットがださい、曲のタイトルはださい、メロディーは悪くないと素人の私でも感じましたが、歌詞がめちゃくちゃ。伝わらない…何がいいたい歌なのかわからない。

これじゃデビューできないし、そもそもレコード会社に売り込んだりしていないじゃないですかと、とにかくつっこみどころ満載なんです。過去を自慢されてもでは、今のあなたはなんなんですかといった感じ。

これからは結婚もしたいし、これからは仕事をしっかりやりたいので音楽は趣味程度にとお話されていましたが、私からしたらあなたの過去も趣味程度じゃないのかしらと呆れてしまいました。歌える旦那さんになれる日が来るといいですね。

 

と、この3人に共通していることは自分が絶対的に正しいと思っている点です。自分が絶対的に正しいのならば、おのずとパートナーはついてくるはずですので30歳をすぎた今まで結婚できずにいるということは、もう自分を見直す時期なのです。自分のどこが悪かったから今まで結婚に至らなかったのか、それが婚活の地点でみつけられないと変わるチャンスはないと思います。

自分を見つめ直してただした者が婚活を制するのだなと感じました。

結婚できない男性は年齢だけじゃない?意外な事って?

結婚できない…男性いますよね…

年齢が上がれば上がるほど「結婚」の2文字も遠のいていく現実。
結婚願望は少なからずあると感じるのですが…

なぜ彼らは「結婚」できないのでしょうか?
そこで今回は結婚できない男性の特徴について詳しく紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

【こだわりがありすぎる性格が難?】

結婚が出来ない=性格難のイメージが最初に思いつく人が多いですよね?
普通の人とは違うから結婚出来ないのでは?と考える人も多いようです。
では実際、彼らの実態を見ていきましょう。

 

「ファミリーカー・軽自動車に乗っている」

若い時から高級車・流行りの車には興味がなく燃費重視の節約思考。
独身なのになぜか家族に親しみやすい「車」に乗っていることが多いです。
一台購入すると大切に維持をして乗り換える事も少ないようです。

女性からしてみたら「刺激」が少なくつまらないと捉えてしまう人も多いのだとか。
男性で「軽自動車」に乗っている人は幻滅する女性は多いです。
独身時代はせめて「ファミリーカー」も封印するべきではないでしょうか?

 

「マザコン」

昔から良く聞く言葉ですね。
それも母親と一緒に住んでいる男性は婚期が遅いです。
さらに「家事」が得意な点。母親の為に何かしてあげたい思考も強く、裏切りません。
結果、母親も手放したくない存在に。
女性からしてみたらせめて「自立」をしていてほしいのが「本音」
年齢が一定度、上の場合の人が「母親」と同居をしていたら「結婚」の難易度はさらに上がりますよ。

 

「職種・学歴に難あり?」

実業家・高学歴・おぼちゃま・海外生活経験者・父なき子など…
一般人の生活より離れている生活をしている人ほど「結婚」ができない傾向があります。
「女性関係」はむしろ派手な方で女性の扱いも慣れているはずですが結婚できない…
一時的な刺激であれば酔うのでしょうが、手慣れ感が逆に女性を遠ざけてしまうのかもしれませんね。

 

「女性に対する理想が高すぎる」

結婚を意識した女性とは「同棲」をしないと先に踏み切れないパターン。
女性は家庭に入り家事育児をこなす意識が強い為です。
結婚前から無意識に「確認」していきたい項目の一つなのでしょう。

 

「料理が出来る女性じゃないと受け付けない」

料理が完璧にこなせる女性や、掃除をきちんとこなす女性でなければそもそも論外という男性…
結婚してから共に成長をして行こうという意識がないのかもしれませんね。
最初から「完璧」な女性を求めているのですから。

 

「潔癖症ぎみ」

外部の人間を自分のテリトリーに入れたくない「潔癖症」
定位置も徹底的に決まっていて少しでも動くと気になって仕方がない…
このタイプの人は同じ部屋で3日間以上生活することが困難と言われています。

常に綺麗にしてくれるから有り難い!と感じる女性もいますが「潔癖症」のレベルになってくると
細部にまで徹底した「こだわり」がでてくるため、ついていけなくなる女性が多くなります。

 

「女性を減点方式で判断してしまう」

相手の悪い所ばかり目がいってしまい、100点方式から減点していく男性です。
最初に出会った段階で100点ですので後は下がっていくばかり…
とにもかくにも相手の「長所」を見ないのは相手も不快です。

出会った段階で50点くらいの状態にして加点式で相手を見れるように努力して行きましょう。

 

「最後に」

いかがでしたか?
結婚できない男性の特徴を何点か挙げてみました。
以外に…当てはまった人が多いのではないのでしょうか?
この項目が当てはまるからと言って「結婚」が難しくなるわけでは無いですが、よく考えると癖が強いですよね?

自分の癖を治すのは以外に簡単な事です。
ですが「他人」を変える事は出来ません。
「結婚」できないからと言って他人のせいにするのではなく、自分から変わって見ることが「新しい」第一歩となるのではないでしょうか?

ぜひ参考にしてみて下さい。

結婚できない男

婚活が成功しない! 結婚できない男性の特徴とは

婚活に取り組んでいる男性の中には、なかなか結婚できない人がいます。そのような場合、失敗する理由がわからず、焦っている人も多いものです。
「結婚したい」という意思があるにもかかわらず、それを実現できない場合、どういった理由があるのでしょうか?

婚活がうまくいかない男性は、その言動が原因となっている可能性があります。代表的なものとしては、「上から目線」「質問しすぎ」「自己否定」の3つです。婚活でこれらの言動が出てしまっていると、成功は難しくなってしまうでしょう。

 

「上から目線」な男

まず、「上から目線」は、相手に自分を認めさせたい人によくある言動です。そのような人は、相手よりも上に立とうとするため、どうしても人を見下したような発言が多くなります。自慢話も頻回に出るので、会話も常に一方的です。これは、女性とのコミュニケーションに限らず、誰もが不快に感じる言動であり、当然、結婚にもつながりません。

この言動には自覚がないことも多いですが、上から自分のことばかり話していると、女性からは気のない返事が返ってくるものです。相手の反応をよく見ていれば、失敗に気づくことができるでしょう。

そして、上から目線になっているようなら、まずは自分を認めることが大切です。相手に自分を認めさせたいということは、自分に自信がないことの表れでもあります。自分自身を認めることができれば、他人の評価は気にならないので、相手の上に立つ必要もなくなるはずです。

 

「質問しすぎ」な男

次に「質問しすぎ」というのは、まるで刑事の取り調べのように、女性のことを根掘り葉掘り聞き出そうとする行為です。これは、「会話を途切れさせないように」という配慮が裏目に出てしまった場合に多くみられます。

話題を増やそうとして、女性のプライベートに関する質問ばかりになってしまうのです。仕事や趣味ならまだしも、住所や家族構成などもしつこく聞くようでは問題です。初対面の男性から、そうした質問攻めを受けた場合、女性の不快感は大きくなります。強い警戒心を抱くこともあるので、最悪の場合、ストーカーと思われてしまうかもしれません。

したがって、質問ばかりするのではなく、会話のキャッチボールを大切にしましょう。女性の話にも耳を傾け、しっかり会話を成立させるのです。また、ときには女性の話をじっくり聞くことも、婚活を成功させるポイントとなります。

 

「自己否定」な男

そして、「自己否定」というのは、必要以上に謙遜してしまい、まるで自分自身を否定しているような状態になってしまうことです。これは、相手の女性よりも年上だった場合によくあることです。その場合、自分がおじさんであり、女性と釣り合わないといった発言が増えてしまいます。

これは、「自分を元気づける言葉をかけてもらいたい」という心理によるものです。
しかし、包容力を求めている女性も多いので、謙遜しすぎる発言は、相手を遠ざける原因となります。これを防ぐには、まず自分を認めて、肯定することです。そうすれば、むやみに自分を卑下するような発言はなくなります。

自己否定が強すぎると、相手は気を遣わなければならず、疲れてしまうものです。そうしたストレスを感じさせず、楽しい会話ができるようになれば、成功につながっていくでしょう。

このように、結婚を妨げてしまう言動というのは、いずれも女性の不快感を刺激するものです。それでは、いくら婚活をしても、結果を出すことはできません。

大切なのは、相手の気持ちを想像することです。女性の心理を完璧に理解するのは難しくても、人として不快に感じる言動は予想できるはずです。それを考えてコミュニケーションをとれば、会話も楽しいものになり、好感度を上げることができるでしょう。